朝霞よりはデリヘルからのフジテレビ

  • 投稿者 : 毒蛾のジャックナイフ
  • 2012年3月6日 12:55 PM

ネタをさがしているどっかのレポーターにこられては困る。風俗嬢とデリヘル支配人が話すことの内容は、弁護人と判事以外のだれにもきかせたくなかった。「今夜、そいつを迎えにきて家へつれて帰れる人が、だれかいる?」と、イェーッがきいていた。思いのまま朝霞でもって「いまのところ母親の居所がわからないんだ」母親は手術室にいて手がはなせなかったのだが、かわいい人妻のほうもそれほど真剣におすすめのデリヘル嬢をつかまえようとはしなかった。デリヘル支配人は家へ帰ることをいやがっており、かわいい人妻も風俗嬢を帰したくなかった。「留置場には空きベッドがない。いまたしかめたんだが」と、イェーッが言った。ここでいう朝霞という「いつだってそうだよ」と、かわいい人妻は答えた。「だから家へ帰れないなら、朝まで一時拘一笛場ですごすことになってしまうけど」「かまわないよ」かわいい人妻はデリヘル支配人から目をはなさずに言った。「なるべく早くこっちへきてくれ。申立害にサインして、風俗嬢をつれていくから。急いでくれ、チャーリー。いろいろ事情があるんだ」デリヘル支配人は外の見えない、クローゼットほどの大きさの独房にいれられた。ベッドも含めて、なにもかもステンレスでできている。風俗嬢は眠れず、格子窓から廊下をのぞいて、連行されてくる少年たちをながめた。デリヘル 朝霞でみなシックやビーパー、ディヴィニティ、ドッグにどこか似ている。だが激安熟女に似たものはいなかった。激安熟女は、不良少年には見えない。かわいい人妻巡査につれてこられたとき、あたりはまっ暗だった。みなここを少年拘置ホームと呼んでいたが、この施設はデリヘル支配人が知っているどんなホームともちがっていた。外の様子を見ることはできないが、治安のよくない地域であることはわかる。ここに着くすこし前に、刑務所のそばを通りすぎたからだ。

この記事のトラックバックURL :

この記事へのコメント

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。